大平博基さんから






SNSで親しくさせていただいております「ゆうらしあ」のスタッフ大平博基さんのブログで「猛毒日記」について書いていただきました。

geppamen aka 大平博基さんと出会ったのは1997年、まだSUPER STUPIDが活躍中の時期でした。
「ゆうらしあ」は、西新宿にある「GSM」と並ぶユーロ・ロックのレコード屋さんです。現在の店主、高橋さんと大平さんの2人で経営しています。

あのレコードたちに知り合えたのも「Don't Forget Our Youth」にて「Sadhu」を作れたのも「ゆうらしあ」のおかげでした。

ブラフマンの20周年記念イベント「尽未来際」にも観に来ていただきました。シークレットのライヴだったので、友達を呼ぶのはヒヤヒヤでしたが…。
今年で20年のお付き合いになります。

「尽未来際」が終わって最後に大平さんとボサノバ兄弟のマスタリングをしてくれた斎藤直樹さんと3人で顔合わせをしました。2人がDJをやっているイベントが頭バーにて月一で行われている「セッソマットの密かな愉しみ」です。

遊びに行った翌月に大平さんの推薦で自分もDJをやることになりました。祖父尼淳さんや遠藤美津子さんに出会えたのもこのイベントでした。

大平さんのブログ「第2思春期レコ書い日記・新館」はこちらから。
オーディオ・マニアでもある大平さんのブログは電子工作(ハンダ使い)の話とかもあってお勧めです。
他には6V6ppアンプ改造記が自分のフェイバリットです。

青 無坊さんとはまた違った着眼点で書いていただきました。2人共に思いやりがある大先輩です。

大平さん(再び)と青さんに出会ったのはSNSのグループ「みんなのプログレ(通称みんプロ)」でした。
自分は毎日1件投稿していました。主に辺境プログレについてです。

なお、「猛毒日記」はこの後未発表の日記朗読とPDFの電子書籍の追加でおまとめ版が発売される予定です。

大平さん、本当にありがとうございます!!!

コメント

このブログの人気の投稿

Stylus & Groove LLC

オーディオブック 猛毒日記 vol.1